苦手な人とどうつきあうか?

今日も1日中冷たい雨が降っていましたね。

今日は朝からお仕事関係の久しく顔を見ない方数人から体調の近況報告や、最近話題の健康法の情報などいただいたり、何やら恋の相談らしき内容があったりと、休日でしたが何かお仕事に引き戻される日でした。

でも、年数経っても覚えていて下さり連絡を頂くのは嬉しいものですね。

昨日、カウンセラー同士で「苦手な人とどうつきあうか」というお話が出て、ある人は「極力会わないようにする」という意見と「会わなくても生きていければいいが生活圏内にいるので避けられない」という人もいました。

厭なら避けて通るのが一番なんですが、実は世界は繋がっているのでまたどこかであっちゃうんですね。

どうしても避けられない場合にはやはり、厭な人は神様とは思えなくても、自分を磨く包丁の砥石と思って、逃げないでま、いいっか~と受け流すのがいい!との結果でした。

厭な人は、自分中心というエゴのとがった魂の部分をガシガシと削ってくれる砥石のような役割として存在してくれているようです。

そこまで気が付くのに時間がかかるのですが、嫌だ!で終わらずにそんな意識を持つのと持たないのとでは生き方に雲泥の差がでてきますからね~意識付けというのは大変大切なことと思います。

特に人様に愛を届けるお仕事関係においてはワンネスという意識は重要なんだと思います・・・

でも、疲れていたり、免疫力が確実にダウンしているなと思うときは避けても構わないと思いますよ。

まずはご自分をいたわり、ご自分を一番に大切にすることではないでしょうか?

「心 イラスト 写...」の画像検索結果

自分のご機嫌をとることがひいては周りを機嫌よくすることですから。

て、いいながら私も案外、人の事にばかりかまけているんですがね(^_-)-☆

性分なのかしら?

それはおいといて、もし、何か悩んで壁にぶち当たったらご相談ください。

なんでもお聞きしますし、きっと心軽くなるかもしれません。

ではまだまだ書くことはありますが今日はこの辺でおやすみなさい。