甲状腺は治療せずとの記事がのっていました。

日刊ゲンダイの2日版に記事が載っていましたので、ご紹介します。

甲状腺は治療せず・・・とのミニタイトルです。

韓国では、潜在甲状腺がんの掘りお越しが進んだために治療の必要がないのに、切除という過剰治療が問題になったそうです。
切除を行うと甲状腺から分泌されるホルモンがストップするため、生理、ホルモン剤の服用が必須の
辛い毎日になるようです。過剰治療の代償は大きいようです。
ちいさなものが見つかってもあわてて治療をうけてはいけないというものでした。
経過観察のあいだにそれがひくこともあるようです。
東大医学部不足病院放射線科准教授の記事から

 

ご参考になさってみてください。