花粉をお友達にできなければ、足つぼ療法。

そろそろ花粉が飛ぶ時期ですね。ていうかもう飛んでいますね~

この時期は3Kに注意ということで、花粉、黄砂、寒暖の差 だそうです。

今朝ラジオを聞いていましたら、花粉症は「体にはいってきた無害な花粉を敵だと思い異常反応することで起こる」そうです。敵ではないのに免疫力が下がっているために敵と思い込んでしまうらしいのです。

ならば、免疫力をあげて、花粉を敵と思わずにお友達と思えればいいんですよね!

そして体の免疫バランスを整えることで花粉症の症状は楽になるということでした。そしてそのラジオは特別な乳酸菌を配合しているサプリメントをお飲みくださいという宣伝でした。

確かに特別な乳酸菌L92は、花粉症の方は試してみるといいと思います。

免疫力だけをいえば、ストレスがなく、嫌なことが多くなく、楽しい、どきどき、わくわくする毎日を送っていれば、免疫力がアップするでしょうか?

しかし、現実はそんな毎日はありえないでしょう。桃源郷にでも住まない限りね。

たとえ辛いことや嫌なことがあってもそれに耐えうる強い精神力や心を持っていることが大切なんですね。何があってもへこまない・・・

そしてその免疫力をあげるのは他ならぬ足裏のつぼ、広い意味では反射区なのでもあります。 皆さんもご自分で押してみてください。IMAG1713

①各指の間。上半身のリンパ節のポイントです。

②副鼻腔ポイント、人差し指から小指までの4本の先っちょ。鼻水、鼻づまりなどの症状をヤワラゲマス。

③親指中央の脳下垂体ポイント。ホルモンバランスを整えます。

④湧泉ポイント

⑤副腎ポイント

そして物足りないときは私たちプロにお任せください。

参考イラスト市野さおり著 「免疫力を高める健康法」より