涙で溢れた想いは「ありがとう」だけ・・・

M様、3回目のヒーリングとカウンセリングの予定でしたが、急遽心理カウンセリング120分のコースになりました。

そしてヒーリングは次回の楽しみにしました。

ブログは特定されなければ構わないとのことでしたのでご紹介します。

ご自分の今までの人生を4つの時代に分けられ、昔を懐かしみながら、とても優等生だった誇らしいころと思春期に芽生えた想いがその優等生時代を変えていくころ、そして仕事も恋もゴールデンタイムだったころ、それが終わり今までの思い通りにいかない時代のこと、何も見ずにすらすらとお話されました。

賢い方ですね。

ヒーリングの1回目から顕著にいい意味での変化が現れて、2回目もそう、そして2回目では体の硬さと痩せてらっしゃるのに、なにかコートを何枚も羽織っているような、芯までたどりつけない厚さと奥の方でのスライムを感じたのでカウンセリングをおすすめしました。

そして誰にも話したことのない、まだ自分でも消化も昇華もできていない様々な思いが、ふつふつとよみがえってこられたようなのでした。

カウンセリングではとりとめなく脳裏に浮かんだことをお話していただきましたが、心のわだかまりは最後1点に集中しました。

でもお話していくうちに厭なことばかりではなく、いいこともあったんだと思えるようになられたんですね。

そして支えてくれたパートナーに心から感謝できたと帰宅された後のメールに書かれれてあり、前向きな気持ちになれたとのことでした。

その長いメールに、私はパッフェルベノンのカノンを聞きながら、返信していて、Mさんの辛く苦しい季節に思いを馳せたら、自分の事のように涙が溢れました。

そしてその後もメールが返信されて、同じようにパッフェルベノンのカノンを聞いて号泣されたそうなんです。

その後ベランダに出たら、その時の自分がいいこいいこと自分の頭をなでて「次に行っていいんだよ」と声をかけられたような気がした・・・と。

「インナーチャイ...」の画像検索結果

それはもうインナーチャイルドを癒しているんですね。

そして、最後、涙を流して溢れでた想いは「ありがとう」の言葉だけということでした。

2度のヒーリングと1度の心理カウンセリングでこれほど変化し、容易にいえることのない「ありがとう」を今言えたのは凄いことです。

それは心身共に半端なく辛く苦しい季節を経験したMさんだからこそからこそ、湧き上がる感情なのかもしれません。

そしてとても文才がおありだし、これからその若さで、どんな能力を発揮していくか、そしてそのタレントでどう人の為に役立つか、とても先が楽しみです。

まだまだこれからも山あり谷ありかもしれませんが上下繰り返しながらも折れ線グラフが段々上がって行くようになると思います。

しばらく伴走していきます。

また次回楽しみにしています。

数ある中からのヒーリングと心理カウンセリングのご利用有難うございます!