言葉が現実を引き寄せるのかな?

お天気よくお洗濯乾いた嬉しい日でした。

日中のお日様に間近に会えないのは、残念でしたが、今日は夕方まで家事に専念しました。

夕方には2ヶ月くらい行けてなかった丸の内オアゾの大型書店に向かいました。

というのも、いつも活字に触れてないとなぜか忘れ物をしたような気持になるからです。

電車の中では最近はまっているミーシャの「アイノカタチ」をエンドレスで聞きながらでしたので、あっと言う間に目的地に到着しました。

オアゾ本屋で1時間ほど気になる本を満喫したあとは、連れとおちあって「Pitねのひ」というお店で軽くお腹を満たしました。

ワインが美味しくおつまみはチーズの盛り合わせや、アラビアンペンネやローストビーフもお値段のわりには豪華ですべて満足でした。

また、そのお店の前の巨大ツリーが素敵でしたのでスマホにおさめました。

そして丸の内構内のトイレはこんな張り紙があったんですがさすがにチリひとつおちていないんです。

他の某駅では「汚さないでください。」とか「トイレットペーパーを持っていかないでください、みかけたら通報します!」とかまたは「家庭ごみを捨てる人がいます。捨てないでください」とか書かれているところは案の定、床がホコリだらけで家庭用ごみが捨ててあったりします。

「綺麗にしてくれてありがとう」でますますきれいになり「汚すな!」でますます汚れるこの現実・・・

やっぱり言霊の引き寄せは有るのでしょうか。

言葉が現実を引き寄せるんでしょうか。

そうすると素敵なことばを発しないとね。

なんてそんなことを考えながらの車中でした。