平成から令和の切り替え時は義母と共に・・・

令和元号になってから3日経ちましたね。

「令和 イラスト ...」の画像検索結果

30日からの3日までの短い私のゴールデンウイークは、平成から令和への切り替え2日間は義母と過ごしました。

普段の連休は義母の美味しい手料理を食べに行って、案外気楽な時間を過ごすのですが、今回は義母が体調が優れず1日目は夫と二人で必要な食べ物やあれこれを持って訪問し、2日目はかかりつけの病院に付き添いました。

1日目の最後はレイキを二人でお義母さんに施しました。

私が頭部から順序にレイキをして、頼もしくも、夫は膝と足の甲にしてくれたのです。

レイキを私がやり始めて8年目にして、初めてレイキを認めてくれた夫でしたが、今は第一のレイキの理解者です。

「あったかいねえ」とお義母さん。

やっぱりわかるんですね!

ラストは久しぶりに義母の両手にハンドマッサージをしました。

食欲が落ちて体力が落ちたので、足つぼはできないので、ハンドマッサージをしたのですが、長年、水仕事や針仕事や糠漬けをして酷使してこられた手なのに、あかぎれひとつない綺麗な指でした。

「祐子さんの手柔らかいね!」って言ってくれた義母は少し安堵したようでした。

『まあね、こんな時のための足つぼやハンドマッサージやレイキですものね・・・どんどん使わなきゃね。』

昭和天皇が生前退位されて、一つの時代が終わるのを、ご自分の人生と重ね合わせたのでしょうか?

いつも元気溌剌の義母が肩を落として、痩せたのがちょっと辛かったですね。

でもヒーリングとハンドマッサージで、微熱や体の痛みがとれて一安心でした。

翌日は連休中でも診てくれた義母の通っている内科の病院へつきそって、お医者様のお話を一緒に聞くことが出来ました。

私はからだが不調というより、心の寂しさが原因かと思いました。

帰宅してからお義母さんの買ってくれた柏餅で煎茶を頂きました。

おいしかったですね!

これからもお仕事が詰まっていないときや、お休みのどちらかはお義母さんのところへ行って傾聴したり、ボディケアしたいと思いましたね。

そして、体調の悪い時は、夫婦で連携を取り合って、できる限り、代わり万古に、義母のところへ、片方が行けるときは行くようすることを二人で話し合いました。

親が高齢になると、誰でも通らなければいけない道です。

「親の介護 自然 ...」の画像検索結果

大変な時もあるでしょうが、それとは裏腹に、電車での帰り道は何か温かい思いが、隙間のあった、ハートの隅っこを満たしていてくれた感覚がありました。

そして電車内で見る光景は、連休だからか、お母さんと娘さんの甘える様子や、駅からの歩く道も、相合傘をして母と小さな娘が腕をまわして歩くほほえましい後ろ姿が、映画のシーンのように繰り広げられているのでした。

自分が見る光景は自分の心の映しといわれますが、『今自分は愛でいっぱいなんだね、よく頑張った!』とふと自分をほめたい気持ちになった連休の2日間でした。

そんな平成から令和への切り替わる私のゴールデンウイークでしたが、明日から営業開始です!

先月の人気コースと人気年代は後程お知らせします!

5月も足つぼヒーリング(ヒーリングサロン天祐)を宜しくお願いいたします。