法律上は義務はないんです

最近、嫁ぎ先のご両親の介護のことで悩まれている方が多いですね。

その立場にある方はもちろん、その立場にないのに無理やり押し付けられて、気が弱くて、自分がボロボロになっても何も言えないでいる方、あまり我慢しないでくださいね。

時には、逃げることも必要です。

まずは生きてることが大切なんですから・・・

民法第877条第一頁には

『直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある』

と書かれてあります。

自分と義理の親との親との関係は、婚姻によってできた「親族」になりますが、法律には「婚族は互いに扶養する義務がある」とは書かれていません。

なので、夫や妻に、妻や夫の親を介護(扶養)する義務は実は、ないのです。

ただ、姑さんに過去とてもよくしてもらったら、介護したいと思うでしょうし、逆に 意地悪ばかりされていたら 介護したくないでしょう・・・

介護をしないのはわるいことでもないし、周囲がなんといってもしないと通しても責められるものでもないようです。(某弁護士さんの記事から)

一応法律上はこうなので、嫁が何でもかんでも死ぬほどの想いをして、義理の両親を面倒みるというのは義務ではないんです。

辛い時には、この知識を持っておくと、何かの時に、気持ちは少しは楽になると思います。

とにかく自分を追い込まないでください・・・

そして、困ったときには地域の弁護士事務所さんが無料で法律相談を受けてくださいますよ。

数年前には結婚したてで輝くような女優顔の方が、先日ご来店されたら、随分痩せてご苦労されてました。

またあの輝くような美しさ取り戻して、いつかお会いできることを夢に見ています。

「女優 イラスト ...」の画像検索結果