ニュージーランドからホームぺーを見て電話がありました

Y様、昨日はヨーカドーでバッタリ会い嬉しかったです!

タロットご所望でしたが今リフォーム中でお仕事できませんが、もし緊急な案件でしたらお聞きしますのでお電話くださいね。

また、今日はニュージーランドに住んでらっしゃる日本の女性からお電話がありました。

「ニュージーラン...」の画像検索結果

悩みがあってホームページを検索して、「ここなら癒されるかも?」と思われ、タロットリーディングを電話でできないかとのことでした。

ペイパルやスカイプはやっていないかとのことでしたが、対面で行っているのでいますぐにはできませんとお話ししました。

しかし、その方のお話によると、ニュージーランドは病院と薬局とガソリンスタンド以外はすべて閉鎖されていて、外出禁止令がでていて、もちろん外には出れず、外には物々しく陸軍や海軍の人たちが警備しているとのことでした。

「隔離されている!」との言葉が衝撃的でした・・・

突然の電話に海外のロックダウンの状況を知らされ、日本とは温度差がだいぶあるのを感じてしまいました。

また、昨日までの感染者が33人であったのが、今日はその時点で368人ということでした。

そんな前置きの中で、その女性は一人暮らしで外にも出られず最近あった悲痛な出来事をお話しされ、タロットリーディングはできないものの、ご相談の内容の電話を終えることはできませんでした。

なので、日本とニュージーランドで話される相談内容は、ご承知の通り、少し遅れての合槌の連続となりました。

今まで生きてきた軌跡や、一番直近の出来事の辛い恋人との突然の別れ、状況や、思い、心の持ち方など・・・

でも、最後は元気になられて、今やることに目をむけられたようです。

良かった。

見知らぬ人ですが、元気が出たようなので安心しました。

この後、数か月、テレワークとかリラグゼーションの世界でも必要になるとしたら、海外とのやり取りもできるペイパルとかエアペイとかも必要かもしれないと感じました。

ニュージーランドの国は昔、映画「アバター」の撮影地になったところで、とても自然が美しい国としか印象がなくて、今年こんなことで封鎖になっているなど誰が予想したでしょうか?

いずれ、都内は特に明日から外出自粛令がでているので、自分ができる限りのことはしないといけないでしょう。

今日は日本ではない境遇の国の見知らぬ方と、心を通わせた不思議な日でした。