Off コロナよりWithコロナの時代へ・・・


今日、ラジオで、 ある著名な方が、これからコロナと向き合う暮らし方について語られていました。

今まではコロナと戦う!であったが、これからは、with コロナ・・・

コロナと 共存していく 気持ちや生活にしていかねばならないでしょうと。

以前、【生命誌絵巻きJT生命研究館】についてブログを書きましたが、すごく考えさせられました。

あの時はコロナに対する憎しみがありましたが、テレビの中で先生が「ウイルスは38年億年も前から私たちと共存しているので必要なものだ」との主旨を述べられてましたが、まだぴんと来ませんでしたが、今この時期をを乗り越えつつあるとその意味がよくわかりますね。


https://www.brh.co.jp/exhibition_hall/hall/biohistory-emaki/ こちらから引用させて頂きます。

みどころ01

扇の天は現在の多様な生きもの

右端にいるのは単細胞のバクテリア、左端には私たちヒト。現在地球上には、5千万種以上の生きものが暮らしていると言われ、現代生物学はこの多様な生きものがみな細胞でできている、そこには必ずDNAが入っていることを明らかにしました。

みどころ02

扇の要は38億年前の祖先細胞

38億年前に全ての生きものの祖先となる細胞から、さまざまな単細胞生物が生まれ、10億年ほど前に多細胞生物が出現し、多様な姿形をした生きものが現われます。5億年ほど前に上陸する生きものが現われ、その子孫は陸上生活に適応しながらさらに多様化して、現在見られる豊かな生態系を生み出しました。

みどころ03

すべての生きものは38億年の歴史をもつ

扇の縁に並んだ生きものは全て、生命誕生を示す扇の要から等しく38億年の距離にあります。あなたのまわりにいる生きものは、全て38億年の歴史を背負って今生きているのです。

みどころ04

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は img_h04.jpg です

人間も生きものの一つ

私たち人間はヒトという生きものとして、他の生きものと38億年の歴史を分かち合い、この扇の中にいます。人間だけは扇の外の上の方にいて生きものたちを支配していると考えてはいませんか。扇の中で賢く生きる。生命誌が考える人間の生き方です。”

この中でみどころ04が人類にとって一番大切な訴えではないでしょうか?

”人間だけは扇の外の上の方にいて生きものたちを支配していると考えてはいませんか。 扇の中で賢く生きる”

ということが・・・

明日、緊急事態宣言が解除になる地域がでますね。

よかったです。

私たちの千葉県はまだ続くようですが、怖がってばかりいても仕方ありません。

扇の中で、強く賢く生きていくことも考えなければいけないでしょう。

以上、今日感じたことを書いてみました。