恋を失った時は・・・

最近、お若い方から恋の悩みを打ち明けられます。

彼の心が離れていった・・・

「どうして、どうして?どうして!」

少しのタイミングのずれが、ある時大きなずれに。

「心を知りたい、どうしてなの?教えて!」

でも、離れた心はどうにもならない。

執着や未練は、鬼のようにな形相になって相手にぶつけたりしないで、ひとまず感情を自分で溜めて、信用できる人にどんどん愚痴りましょう!

または、歌を聴くのが好きな方はとことん悲恋の歌にはまって、歌を歌うのが好きな方は、とことん失恋ソングを歌い続けてみるのもいいですよ。

詩を書くのが好きな人は詩を書いたり、その気持ちを文字に変換するのもいいでしょう。

恋が芽生える秋、恋が終わる秋。

でも、それはどんな形であれ、無駄にはならない。

恋して悩んで、恋して裏切られて、又恋をして、貴女なら、恋という名の電車はこの後何本でもやってくるでしょう。

私も思い返せば、恋してばっかりの20代、30代でした。

アルバイトも沢山しましたが、そのアルバイトの数ほど、恋をしてたような気がします。

そして、別れが来たら、お酒と好きな歌で紛らわしていました。

例えば、中島みゆきの”かなしみ笑い” ”ひとり上手”

例えば、五輪真弓の”恋人よ” ”抱きしめて”

例えば、浜田省吾の”片想い”などなど・・・

今もこれらの歌を聴くと当時の恋を思い出して、胸が切なくなります。

だから、いつか、そんな繰り返しの後、素敵な恋が待ってるでしょう。

そして、この世に生きている限り、肉体がある限りは、何度でもやり直せます。

傷が癒えたら、また次の恋がやってくるでしょう。

電話口ですすり泣きが聞こえたけど、泣いたから少し楽になったようでした。

近くにいたら、ヒーリングで癒すことができたのですが・・・