江戸川の土手に【桃源郷】を観ました。

今日は、上着無しなのに、それでも汗ばむくらいのいいお天気でした。

ペイペイ導入の審査が通って、郵便局にその為の不在で受け取れなかった書類をもらいに行ったのですが、あまりのお天気のため、帰りに江戸川の土手が気になり、寄り道をしてしまいました。

結構お散歩している方や、自転車で走り抜ける方多かったですが、信号を超えて、土手にあがると、あらあら、なんて美しい景色でしょう!

手前に菜の花の黄色が一面にあり、奥には満開の白の桜が咲いていて、その奥には江戸川が薄緑色に滔々と流れていました。

その近くに反射板が光っていて、何かなと想像していたら、カメラマンらしき男性がそれを手に取り、若い女性が菜の花の中に歩き、しゃがんだので、ああ何かの撮影なんだと思いました。

撮影したくなるほどの景色なんでしょう!

そして、菜の花一面には対の蝶々が優雅に高く低く飛んでいましたが、そんな景色に『あ、また桃源郷だ!』と内心思いましたね。

そっか、心が桃源郷を求めていると目の前に桃源郷が拡がるんですね。

春を家の近くの桜並木でも実感しましたが、この何もお金のかからない江戸川の土手の景色でまさに春を実感したのです。

自然の力ってすごいですね!

こんな景色をリモートで画面続きの連れに見せたいと思い、電話したら喜んで来てくれたので、しばしの時間、この桃源郷を味わいました。

荒川の土手の桜は真っ白で、武士のようなきりっとした雰囲気を感じさせてくれました。

まだ数日咲きそうですね。

また、地面にかわいいお花もたくさん咲いていました!

金色テントウムシもみつけましたよ!

松戸西口の郵便局の近くの江戸川の土手の桜、まだ御覧になっていない方はおすすめです!