21という数字の意味

今日は21日ですね。

21日はタロットの大アルカナの21番目で【The World】 完結のカードの番号!

タロットでは最高のカードです。

しかし、昇ると下るのが人生の常なので、最高の時は一瞬安心しながらも、その後は気を引き締めていかなければなりません・・・

そして、21日とは、私たちの身体のチャクラのエネルギーの穴が浄化される数字でもあり、というのは、一つのチャクラの浄化が3日かかり、これが7つあるので、3×7で21日なのです。

これについては後年、レイキヒーリングの勉強をしたときに学びました。

そして、全ての浄化に21日かかると言われています。

話は逸れますが、そう言えば若いころ、【もう不満を言わない】という本がベストセラーになっていたころ、不満を言わないためのツールであるところの手首につけるゴムのブレスレットを買い求めたのを思い出します。

ちょうどその頃は若くて、人生のなんたるやもまだわからないのに、目の前の繰り広げられる人生に悩み、かの有名な【神との対話】などの本も読み漁っていたころです。

そして、不満を言わないというブレスレットは21日を目標とされており、不満を言った瞬間、また初めから日にちを数えなおすのです。

で、結局は、私の場合、もう、3日目には不満を言っていました。

だからブレスレットは高かったので悔しかったけれど(確か当時6,000円かな)泣く泣くはずしてしまいました。

だって私は宗教家でもなく、聖人、君子にはもちろんなれないし、成ろうとも思わないし、ただ日々をどんなことがあろうともこの年になれば、安心立命の境地で生きたいとの思いはあるのです。

私自身は少し不快なことがある時は、手元のノートにその出来事をメモして文字に思いを還元します。

そして、最終は、殆ど毎日のように日記をつけているので、不快な未消化の思いはそこで放出します。

どんな不快な内容でも最後は神様ありがとう感謝します!で締めるとネガティブの垂れ流しにはなりません。

言葉には言霊があるので一度吐いた言葉はまた同じ言葉を寄せ付けるパワーがあるのですから。

そして、もやもやを解消したいときは、足つぼヒーリングでタロットやヒーリングやカウンセリングでいっぱい話して離して放してくださいね。

今日は21日の数字について書きたくて、とめどなく書きました。

☆そして、コンビニでは時々とても参考になる本が置いてありまして、写真は、和田秀樹ドクターの御本ですが、読みやすかったです。

全て賛成ではありませんが、いいとこどりをいたしましょう!