向日葵の様な陽だまりの様な微笑み

今日はお客様が皆自然な笑顔の、ヒマワリの様な笑顔の方々ばかりでした。

どうすれば自然とあんな零れるような微笑みができるんでしょうか?きっと心の中も優しいしまたその笑顔が日常化されているんでしょうね。

ハーブティの時間に、公務員の方のお仕事の話題になりやはり公務員は責任はもちろんありますが保証もされているわけで羨ましい!とお話ししました。

本多信一氏曰く、『会社の給与の半分は人間関係に耐えて働くことの慰謝料なりと思うべし。』(自由業の私などは上司も同僚もいないしいやな人間関係もないため、その分収入が低いということになる。人間苦に耐える慰謝料がないぶん、低いわけだ)とお話ししましたら「なるほど。そういうことですね」と頷いてらっしゃいました。

ほんとその通りですね~

私達はボーナスもなく施術してなんぼですからね。からだが健康でなければもうクローズですもん。

長い豊かな黒髪と豊満な胸元がギリシャ神話のアフロディーテを思わせました。ご主人様が以前いらして『ここいいよ』ってお話しされたんですね。有難うございます。

お約束通り角質ケアにきてくださり社交辞令ではなかったのがとても嬉しい!本当にきてくださったんですね。七夕スイーツもお土産にいただいてありがとうございます。今日は心理について語りましたね。ドクター倫太郎は、私も途中までは見てたんですがクランケを自宅に招きいれるシーンを見てからなんか冷めちゃって興味が薄れてしまいました。

相談に来られる方というのは実は魂がつながっている眷属(けんぞく)なんですって。眷属とは同じ種族という事で、過去性から一緒に何かやってきたり、教えてもらったりしている人でご縁のある人なんです。ご縁のある人というのは自分がすでに抱えた悩みを抱えて悩んでいる人で、全然関係の無い人はやってこないらしいです。(桜井美帆さん参照)だからみんな繋がっているんですね~

そう考えるとあの人もこの人も自分のいいところが浮き彫りになりますます好きになって又はあのひともこの人も自分の嫌なところを映していたりして苦手だったりと分析できたりしますもんね。

今日もとても勉強になりました。有難うございます。その陽だまりの様な笑顔と声の音程とゆっくりした話の仕方に癒されました。私も向上しなきゃな~

なんかほっとした1日でした。お客様に感謝でした!