続けるか続けざるべきか話すと見えてくる・・・

ずっと抱えていた黒いもやもやしたもの。友達に話してもその時だけの一時しのぎの慰め・・・その繰り返し。

体は痛くないのに心が、精神がどこか痛む毎日。

あんなに身も心も愛し愛されて、感謝して結ばれた縁(えにし)なのに。時は残酷・・・子はかすがいという言葉に寄り掛かれない日々が続く。

レイキヒーリングで体を温めて、ふわふわした、軽くなった。でも心は頭は精神は?ヒーリングは慢性的な問題をコップの水の表面にプカプカ浮かせてくれます。そこで終わる人はそれもいいでしょう。でもこれでいいのとずっと目を背けていても同じ繰り返しの毎日。その安定した恐れの中で蓋をし続けても、いつか心からの笑顔を忘れ、笑顔をつくることさえできず・・・

眼の奥の光の薄さ、力ない表情、気になっていたの。

愛しているか、愛していないか、自分の人生に必要か必要でないか。あの人がじゃなくて自分がどう思うかということ。答えは頭でもなく心でもなくからだが教えてくれる。からだがノーと言ったらもう動けない。でもまだ大丈夫。本当に冷え切ったら同じベッドでは休めないから。同じ空間で息も吸えないから。だから大丈夫。まだ愛は情けはあるから。

プライド捨てて恥も外聞もなく鎧を脱いでお話しくださいました。

陶器のような静謐で美しい頬に桜貝のような淡い色が・・・いまひとたび安堵の表情に私もホットした日。

私のお悩み相談はまずは、頭にあること心にあること、脈絡なしに順序立てなくてもいいから、理路整然でもなくてもいいですから、とにかく思いつくこと全部話してもらいます。そしてそこから全て始まっていきます。お客様の一方的から二人のキャッチボールへ、そして自らの言葉に自らが答を見出したりします。その案内人に私がなります。今までお客様と難問解決一緒にして来ました。こんな私を信じてくださるなら少し勇気をだしておそるおそるでもいいから一歩踏み出しましょう。そこにきっと今までとは違う世界が待っているでしょう。幸せにならなきゃ・・・ね。