レイキで肝臓強化

(この文章は足つぼのお店の下のスナックが、まだ開店していた頃のものです。疲れたときどれほど癒やされたことでしょう。ママが作ってくれたキャベツの千 切りと目玉焼き美味しかった。そしていまだに仲良くしている女友だちをつないでくれたのもママだった。ママ有り難う。今ならいいことしか思いだせない よ!11年のつきあいだったね。もうあえないなんて。二輪草を定番で歌っていたママを思い出す。)

先日は久しぶりに仕事のあと下のお店に寄ってみました。
お客様で母親位の年代の人たちが3人で来ていました。止まり木が5人分しかないのであっというまに満席になるカラオケスナックです。
大関の紙パックを以前持ち込んでいたので、ママがそれを出してくれてキリコのグラスにそそいでくれました。おつまみはチーズと枝豆が定番です。
その店は年齢層が高いので大体が演歌になりママも演歌を歌うと喜びます。
若い子の歌を歌うと「なにそれ?全然わからない」と必ず言われます。
でもそんなことは気にしてはいられないのです。なぜならストレス解消にいくのですから。自分の歌いたい歌を歌うのです。
右隣の人が知らぬ間に大関をついでくれるのでクイクイ行くのです。そして神の河の焼酎まで作ってもらい有難うございました。
ママがマシーンで曲を予約するのを私に担当させるので左の女性客から次々と
予約を頼まれました。ネンキはいっているだけあって一人の方の演歌は凄く味がありましたね。特に大川栄作の新曲はダントツでしたね。私は八代亜紀とかすんごい昔の歌を歌いましたね。いつのまにやら右隣にはどこかのママさんを連れただみ声のおやじさんが
「そんな古い歌知ってるなんて年取った爺さんでもいるんだろ」とかツイートしてましたが。
「ハハハ私の亡くなった父が歌がすきだったのでめちゃおぼえているんだよーっだ!」と私は心の中で舌をだしていましたが。実際父は戦争経験者で軍歌をよく歌っていた。それが父への供養と思っているのよ。

そんなこんなで素敵な高齢のおば様たちと歌の競演をしながら時間が経ちました。

そ のあと主婦に戻りスーパーで買ったジャガイモやにんじんやきのこたちなどの美味しそうな野菜の入っているエコバッグを両手にぶら下げ駐輪場まで多少千鳥足 で帰ったわけです。すみません。ちょっと寄ったつもりがのんじゃいました。ある意味不良でしょうか?でも仕事をしているんだから仕方ない、これも明日への 英気を養う為だ!と我田引水の私です。
昨日マーボ豆腐作っていたのでなんとか食事は終わりました。

ここからが本題です!
夜中に目覚めて心臓がバクバクしているので確実に二日酔いになる!と思ったので、即、両方の手のひらを胃と肝臓の上に置きレイキをかけたのです。
例のマントラとシンボルを3回唱えた頃には上半身が汗ばんできて
そ のあと目を閉じていると第3の目のあたりに紫色の勾玉模様のような炎のような光が湧き出しその後そのゆらゆらしている光の中に白や黄色や青や緑やオレンジ が見えてきて、そうするとなんか気持ちよくなり体中がジンジンしてきて汗ばみさっきまで心臓の鼓動が早かったのが段々遅~く楽になるのです。いわゆる交感 神経から副交感神経へと移行しアルファ派が増えるのですね。

こうしてお酒を飲みすぎたあとはこの酒覚ましレイキのおかげで神がかりのごと く回復が早くなるのです。このお話を今日レイキ伝授受講なさった方に話して、「こんなことコラムに書けないですよね」と話したら、「それいいですね。書い てくださいよ」と言われ、世のきちんとした奥様から顰蹙をかわれると覚悟しつつアップしたと言うわけです。ま、その方も結構ビールが行ける口らしいので す。だから賛同なさったのですね。有難うございます。

また話しは戻りますが、その後、朝ごはんも食べられるし、気分も良く、鼻歌がでるほど元気になるのです。レイキ以前は考えられない回復力ですね。きっとレイキお持ちの方は同じような経験しているのではないでしょうか?
レイキをそんなことに使うなんて!とそれこそ邪道かもしれませんがこんな時のために持っておくと素晴らしいテクニックということもいえるわけです。
お酒の好きな人にもレイキは欠かせないかもしれませんね。肝臓強化にひと役かうわけです。レイキに感謝です!以上!