キャベツと豚

私は、白いのに、なぜか青々と光り輝くまあるいキャベツを見るたんびに
ピンクの豚を思い出す
小さいとき家で飼っていた豚。食用だったのかな?
いろんな動物が家のまわりにはいたなあ。
犬、猫、やぎ、馬、牛、ニワトリ、ひよこ、鳩、豚

豚のおしりのシッポはくるんと丸くなっており愛らしい。
みんな豚は汚い!と言うけど豚は動物の中で一番清潔だということをきいたことがある。

そして豚の好物はキャベツの芯だった。

そして豚はまっすぐ走れず横にしか走れないという。
だから彼らが逃走しても人間はすぐ追いつく。
私はいつも柵から逃げた豚を追いかける役だった。
小学生の私に彼らはすぐ捕まえられた。
そして捕まえられるとブヒブヒ鳴いて抵抗した。

なぜ豚はあんなに鼻が大きいのだろう。
いつかテレビでやっていたが、あの巨大な鼻は土を掘るためにあるらしい。
すごいなあ。イノシシもそうらしい。
ことあるたびにブヒブヒと鳴く。

そしてかわいい足のつめ
なぜ2本なのだろうか?
豚足はあれからできるんだね。
私は焼肉やに行くと必ず豚足を注問する。
そのときは決して生きている豚の足など思い出したりはしない。
なぜなら食欲が想像を超えているからだ。
きっと想像すると食欲減退になるだろうが、豚足自体はとってもおいしいね。コラーゲンたっぷりで女性には特にうれしい。

豚ちゃん、君はとても愛らしいね。
アメリカ映画であったよね。子豚ちゃんの映画「べイヴ」だったかな?
あれでますます好きになったよ。
あのポストカードを仕事場の机の周りにべたべた貼っていた。顰蹙を買ったけど。

ある時、そのハガキで友達に送ろうと思ったがポストまで出しに行ってその友達がふっくらしていたことを思い出し、出すのをためらい、結果、やめたのを覚えている。

キャベツが大好物の豚ちゃん。
今も小さい時のくせでキャベツをみると豚にあげなきゃって思う。

でも、豚のえさになっていたキャベツがこの間一個498円になった時があった。
豚ちゃんもビックリ!ですね。

また、キャベツは今ではダイエット食であったり、免疫力をあげたりとか、または、体脂肪率を下げたり、高血圧を調整したりと、大切な食材だ。そんな素晴らしい食材を食べているから今も豚肉はおいしくビタミン宝庫でブタミンパワーともいわれるわけだ。

今日(こんにち)のキャベツさん。豚さん。あなたたちのおかげで健康でいられます。
ありがとうございます!と何故か感謝をしたくなりました。