念願の三峰(みつみね)神社参拝!

お客様のK様に、去年の夏くらいから「三峰神社」の情報を頂いてました。

何度もメッセージが来て行かなくちゃ!と焦っていましたが、この連休にようやく時間ができ、思い立って夫婦で行ってきました。

ちなみに三峰神社の由緒を簡単に書きます。

この神社の由緒は古く、景行天皇が国を平和になさろうと、ヤマトタケルノミコトを東の国に使わされており、タケルは、甲斐の国(山梨)から上野国(群馬)を経て、碓氷峠に向かわれる途中三峰山に登られたそうです。

タケルは当地の山川が清く美しい様子をご覧になり、その昔伊弉諾尊イザナギノミコト・イザナミノミコトが我が国をお生みになられたことをお忍びになって、当山にお宮を造営し2神をお祀りになり、この国が永遠に平和であることを祈られました。

これが神社の始まりだそうです。(三峰神社ご案内から引用)

朝5時に起きて7時過ぎに家を出て常磐線から西部池袋線で乗り換えまた、西部秩父線で乗り換え三峰液に到着するまで約4時間でした。なんと特急は全て満席でした~

池袋の乗り換えでは駅員さんが3人で三峰の時間を調べてくれてなんと優しいスタッフでしょう!感動しました~

バスの発車の時間まで駅で草鞋弁当と釜飯を食べました。草鞋弁当は夫が食べたのですが柔らかいお肉で美味しかったです。(あまりの炎天下の為日傘をさして食べていたので写真は撮れずこれは無料の写真から拝借しました)「三峰 草鞋べん...」の画像検索結果

そして早く並ばないと座れそうもないので30分前からバス停で気長に待つこと・・・

そこからバスで三峰神社までは通常75分の時間のようでしたが、なんとゴールデンウイークの混雑で二時間余りかかるのでした。

道はすごいつづら折りで運転手さんはお見事でした。「バス 旅 無料 ...」の画像検索結果

昨今のバス事故もあるのでバスに乗る前に心の中でレイキヒーリングで「無事にバスの旅を終えました。有難うございました」と感謝先取りで安全祈祷しました。

途中渋滞で殆どの方はバスを降りて先を急いでましたが、私たちは読みたい本があったので冷房の効いた中本を一冊読み上げることができてラッキーでした。

しかし、三峰にたどり着くまで待ち時間も入れて正味6時間もかかり、結構つかれちゃいました~

でもせっかく来たのだからしっかり見なくっちゃ!

バスを降りて山門が見えました。

IMG_20160505_143157[1]

入口にヤマトタケルノミコトの守り神の大神大神様が陣取ってます。

IMG_20160505_143233[1]IMG_20160505_143220[1]

この門をくぐると空気が澄み切ります。IMG_20160505_143715[1]

そしてまた大神オオカミ。オオカミは憑き物を落としてくれるといいます。

IMG_20160505_144026[1]IMG_20160505_144017[1]

これはふたまたの大樹です。二股の樹には神様が宿るそうですね。すごいですね。どうすればこんな風になるのでしょうか?

IMG_20160505_144151[1]

今度もまたスリムで緊張感のあるオオカミ!筋肉があるのにとても締まっている肉体です!

IMG_20160505_144408[1]IMG_20160505_144402[1]

これは水飲み場ですが、水をかけると、龍の赤い目とうろこが地面にうっすらと見えてきます。自然にできたようで縁起物だそうです。

龍脈なのでしょうか?IMG_20160505_145725[1]

 

本当に山奥の場所でここから我が国の平和へのお祈りが始まったのですね~

日本の国が平和でありますように・・・と祈らずにはいられませんでした。「日本 平和 無料...」の画像検索結果

最後お休み処のこんにゃく味噌田楽は超美味しかったですよ。

帰りのバスは混雑もなく時間通りで、尚運転手さんはとても案内が丁寧で、「段差です。曲がります。お気をつけください」とそのたんびに案内してくださるのでした。お疲れ様でした!

こうして三峰の度旅は無事終了しました。

パワースポットと言われる三峰神社は一度来たかったので嬉しいお休みでした。

K様、教えて頂いて有難うございました!

きっと朝5時くらいに発ったら渋滞に巻き込まれないでしょうね。皆さんも三峰の旅いかがでしょう?

帰りはお腹がすいて池袋に寄ったのですが、素敵なお店と料理に感動しましたのでそちらもあとでご紹介しますね。お楽しみに~