トマトは心の薬!

私はトマトが好きですが、毎日食べるわけではありませんでした。トマトはハーフムーン型に切ったり、くし型に切ったりして、単純に塩を振ったり、またはオリーブオイルをかけたり、時にはにんにくで香りを出し、トマトは種を出し、櫛形に切り、溶き卵と絡めていためるとまた香ばしいですね。

それ以外だとトマトを丸ごと6個ぐらいぐらぐら煮込み月桂樹の葉を入れて、にんにくと塩こしょうで味をととのえトマトソースやスープのもとにしたりします。IMAG1340

「トマトが赤くなると医者が青くなる」とか「トマトのある家には胃を病む人がいない」とかよく聞く言葉ですね。それくらいトマトの成分のリコピン酸などが健康に役立ち、癌予防にもなるらしいのです。

それに加えて、この間脳科学の番組を見ていたらトマトを食べるとストレスに対する抵抗力が物凄く高くなると知り感心してしまったのです。

認知症や脳の活性化に良いといわれるギャバが白米の500倍で、尚発芽玄米の50倍もあるらしいのです。発芽玄米は実は私のお店での記念品にもつけたことがあり、それについての知識もありギャバ量を自負していたのですが、その50倍とは恐れ入りましたね。

現代はいろんな意味でストレス社会ですね。ストレスに打ち勝つ、打たれ強い暮らしを続けていくには赤いトマトは欠かせませんね。手に入らない時は純度100パーセントのトマトジュースでもいいから欠かさず飲むのがいいでしょうか。又赤はルートチャクラである子宮の色でもありますからね。最近なんか気弱だなと思う方は是非今日からトマト習慣をつけられてはいかがでしょうか?きっと昨日より元気になれるかもしれませんよ。