え、に、し

ようやく外出ができる様になり、昨日は地元の神社へお礼参りとおみくじを引きに行ってきました。毎月最低1度は行くのに12月はまだ行っていませんでした。

久しぶりの午後の神社は空気が澄み切るほどに寒かったですが参拝客がちらほらといてゆったり~として癒されました。おみくじは久しぶりに大吉でうれしかった。実は9月に浅草寺に参ったときはなんと初めて凶がでてびびりました。誰にも言えません。夫だけが知ってます。で、もう一度ひいたのですがよかった。中吉でした。あれはもしかしてだけど~♪今回のアクシデントを予想していたのでしょうか?

今日は病み上がりのからだを慣らすために、メンテナンス日として時間をとっておいたのです。とにかく18日以降お店にいってないので観葉植物の水遣りが心配で、朝一に行こうと思っていたわけです。そしたらいつもご来店のお客さまからご予約とお悩み相談がありました。とってもチャーミングで知的で素敵な女性なので私は気持ちを切り替えるには神社がいいとアドバイスさせていただいたのですが、お話したいとの仰せでしたので神社であいましょうということになったのです。

こんなことがなければ施術以外で外で会うことはないでしょう。境内で偶然にもお互いのために買ってきたペットボトルを物々交換してお参りのあと、小一時間話し込みました。昼の日差しが日に焼けるほどの温度を持った中で、今青春真っ只中のうら若き女性と母親ほど年の離れた女性が話し込んでいるのです。

あ~これもまた縁なんでしょうね。

私になにができたでしょうか?世の中の正論と、ただ自分の幾多の経験を織り交ぜることでしかお話はできない。結局決めるのは最後自分・・・なんですものね。でも元気になってくれて良かった。

不思議です。お客様だけの関係でコンスタントに売り上げにご協力くださる有難い方もいらっしゃれば、飲み友達にまではなるが表面だけのおつきあいで終わる人もいる。深くお付き合いしなくても何故かいつも心の奥の大切な場所におられる方もいる。会う予定をたててもどういうわけかヤンゴトナキ事情によりあえなくなることしばしば・・・の心残りな方もいらっしゃる。でもきっと時がくればあえるのでしょう。

ただひとつはっきり言えるのはこんな不甲斐ない私を頼ってくれる人がいることが嬉しい。そして本当に有難い。それがあるから生きる光をみいだせるのかもね。反対に感謝かしら。

そのあと神社で久しぶりにご祈祷をおねがいした。太鼓のうちならす音と祓い言葉にしばし癒される。私はやはり神ごとが好きなのかしら?と改めて思う。そういえば最近あまり重きを置いていなかったな。反省・・・

そして不思議なことにそれまで首の可動域が少なく窮屈だったのがなんとふくろうのようにくるくる360度!まわせるようになったのです。今もすごく楽。だったら病院行かないで神社にきてれば良かったじゃん!なんてあとの祭り。ただやはり神仏は存在するのか!と思いました。

ふるさとの姉にこのことを電話したら、『爺さんが神官で神ごとしてたからおまえにもそんなルーツはあるんだよね』と言われました。だから神社参りは好き。でも時々忘れる。そうするとペナルティがくるみたい。神社さんは定期的にお礼参りに行こうと思う。

今年のクリスマスイブは例年と違いこんな地味で内省したイブでした。